ランキングに参加しています。
面白いと思えた方はクリックして頂けると嬉しいです。
私のやる気スイッチです。

子育てパパランキング

2020年06月03日

久しぶりに熱く!!



みなさん、こんばんは。

お久しぶりです。

今回は、新型コロナウイルスの影響で発生した教育問題について、久しぶりに熱くいきます!



9月入学に対する賛否はとりあえず置いといて。

政府が、来年度の9月入学導入見送りを決めたプロセスが、とにかく気に入らない。

簡単に言えば、

「できない理由やデメリットが大きいという意見が多いからやめます。」

ってこと。

これにも突っ込みたいところは山ほどあるんだけど、まあ、とりあえず、とりあえず、それも置いといて。

問題は、

「ふーん、それで?
それで、どうするの??」

ってことなんですよ!!

そもそも、この9月入学の議論が起こったのは、

「コロナウイルスの影響で発生した子どもたちの学びの空白や遅れを、どう取り戻すか」

だったはずですよね。

それならば、9月入学の導入見送りには、その問題のより良い解決方法が見つかったから、という明確な根拠がなければいけないんです。

「問題解決の方法はまだ無いんだけど、とりあえず9月入学は無しで」

って、なんじゃそりゃ!?

文部科学省はいったいいつまで、のらりくらりとやってるんですか!?

そんなに難しい問題ですか!?

分からないなら、教えましょうか??

9月入学の導入を見送るなら、同時に文部科学省が以下の内容を発表しなければならないんですよ。

「入園・入学の時期は、今まで通り4月を基本として進めます。ただし、学習指導要領につきましては、全学年の年度後半の内容を全て後ろの学年にずらします。すべての入試においても、その学習範囲内からの出題とします。大学入試で理系を選択する生徒については、高校3年生の選択授業の幅を広げ、柔軟に対応し時数を確保できるようにします。この対応をとることで、夏休みの短縮も行事の削減も行わずに、子どもたちの成長をしっかりサポートできるようにします。また、第二波、第三波に備えて、今年中にオンライン授業の環境整備を急ピッチで進めます。なお、来年度入学の小学一年生からは、通常の学習指導要領に戻します。」

こう言えばいいじゃないですか!

たったこれだけの言葉で、子どもたちや学校の先生方がどれだけ救われることか。

断言しますが、学習指導要領の内容を半年間後ろ倒しにしたからといって、人生に大した影響なんかありませんよ!

そもそも、学習指導要領をこなすことが目的化してしまっていること自体が、教育の本質からずれているんです。

政府も文科省も、いいかげん、世論やメディアに流されて場当たり的な決定や発表を行うのはやめてください!

それが、子どもたちや保護者、学校の先生方を最も混乱させ疲弊させることだと、早く気づいてください!


はぁぁぁ・・・

久しぶりに熱く語っちゃいましたが、もう、国の中枢があまりにも情けなくて、黙っていられませんでした。

あ、でも、これはあくまで私の個人的な見解ですのであしからず。

基本的に、9月入学については中立の立場、オンライン授業については、非常時の学習や補習的な手段として以外は乱用すべきではない、という考えです。

教育現場を知らない人間が教育について決める、というどう考えてもおかしいこの仕組み、さすがにもう変えないと・・・

それと、何かにチャレンジしようとする時、人間は、「真っ先にできない理由をあげる人」と「どうしたらできるかを考える人」に分かれます。
世の中に変革をもたらすのは、当然、後者です。
私は、ビル・ゲイツ氏のこの言葉を、いつも胸にとめています。

「人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された」





posted by 塾長パパ at 23:19| 宮城 ☀| Comment(0) | 教育問題に一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

教えることは、最も効果的な学びである。

今朝の子どもたちの勉強時間に、ちょっと席を外して戻ってみたら、お兄ちゃんが妹の家庭教師に(笑)


297E1B41-3105-4F92-94EE-30FD8557F0DA.jpeg




「教えることは、最も効果的な学びである。」

私が常に心に留めていることです。

あくまで私の持論ですが、学習には3つの段階があると考えています。

人から教えられたり自分で勉強したりして理解するのがinput(インプット)、その理解したことを実践的に使えるようになるまでくり返し練習するのがdrill(ドリル)、人に教えることで自分の理解を再整理して根本的な理解にたどりつくのがoutput(アウトプット)、この3段階です。
簡単に言うと、

分かる(インプット)

できる(ドリル)

教えられる(アウトプット)

ということですね。
そして、この3段階について、9割の人が間違っているのが、「分かる=できる」だと思っているということです。
例えば、数学の問題の解き方を授業で習い、「なるほど、簡単だ!」と、そこで終わる人がたくさんいます。
そういう人に、次の日まったく同じ問題を解かせてみると、ほぼ解けません。
勉強以外で考えてみても、これは当たり前のことです。
サッカーのリフティングについて、「足の甲にボールの中心をしっかり当てて真上に上げる、これをくり返せばいいんだよ。」とやって見せたところで、「なるほど!」と、すぐに100回できるような人はいないですよね。
理解した後に、実際にくり返し練習しなければできるようにはならないのです。
勉強もこれとまったく同じです。
そして、くり返し練習した後、最終段階の教えられるというところまでたどり着けば、理解したことを忘れるということはほぼありません。
また、この教えるということは、くり返しの練習が十分ではない段階で取り入れてみても、とても効果的です。
教えるためには、自分の頭の中をしっかり再整理しなければならないのですが、そこで自分がどこまで理解していて、何が理解できていないのかを把握することができます。
教えている最中に、「あ、こういうことだったのか!」と、理解が深まることさえあります。
さらに、誰かに何かを教えようとする時は、どんな言葉や表現を使い、どの順番で説明するかを必死に考えます。
この考えるということ自体が大きな学習にもなりますし、論理的な思考力を鍛えることにもつながります。

今、この危機に直面した状況で、お子さんと向き合う時間が増えたという方も多いと思います。
ぜひ、お子さんを先生にし、親が生徒となって、「教える学び」を実践してみてください。
この時、大切なことは、お子さんがうまく教えられようが教えられまいが、最後まで教え方にはできるだけ口出しをしないで聞いてあげるということです。
分かりづらいところがあれば、質問をしてあげると子どもたちの気づきにもつながります。
そして、説明が終わったら「どうだった?先生になった気分は?教えるのどこが難しかった?」など、ふり返りができるような質問もしてあげてみてください。
アドバイスがあれば、「いい授業だったよ。こうするともっと良くなるかもね。」と、褒めた後に伝えてあげてください。

お子さんの学習状況や生活習慣について、悩んでいる保護者の方も多いことと思います。
ただ、子どもたちも、とても辛い状況に頑張って耐えてくれています。
そこは、「ありがとう」をしっかり伝えたいなと思っています。
子どもに変わってほしい時は、親の関わり方を変えれば良いと私は考えています。
逆に、親の関わり方を変えずに子どもに変わってほしいと思うのは、勉強をしていないのにテストの成績が上がってほしいと思っているのとまったく同じことです。
世界中が危機に直面している時だからこそ、地球の未来である子どもたちが、夢と希望を持ち、大きく成長していけるように、大人みんなで導いていきたいですね。
私も頑張ります!p(^-^)q


YouTubeにて、家庭学習のサポート動画を配信しています。
現在、小学3年生〜中学3年生の算数・数学の授業動画を、それぞれ2本ずつアップしています。
今後も、授業動画はもちろん、子どもたちの学びを総合的にサポートしていくような動画もアップしていきたいと思います。
チャンネル名は、「manabiya TV」です。
ぜひ、ご活用ください!



posted by 塾長パパ at 22:30| 宮城 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

目指せ、YouTuber!(笑)

みなさん、お久しぶりです。
世界中がコロナウイルスとの闘いで大変な状況となっていますが、みなさんは大丈夫でしょうか。
仕事が深刻な状況に陥っているという方も少なくないのではないでしょうか。
私の学習塾も、4月に入ってから同じ町内で感染が確認されたため、10日間の臨時休講の措置をとりました。
今週から各学年を少人数グループに分けて授業を再開したのですが、今度は県内に休業要請が出されたため、明日から5/6まで再度の臨時休講とせざるを得なくなりました。
ほとんどの学校が3月から長期的な休校を余儀なくされており、子どもたちの学習や生活習慣にも深刻な影響を与えています。

そこで、そんな子どもたちをサポートするために、先週からYouTubeで授業動画の配信を始めました。
小学3年〜中学3年までの算数・数学を随時アップしています。
動画を見ながら学習を進めていけば、新学年の予習が進められるように作っています。

チャンネル名は、「manabiya TV」です。

不慣れな上に、1人で撮影と編集を行なっているので、アップするまでにかなり時間がかかってしまうのですが、地道にコツコツ作り続けていきたいと思います。
また、今後、授業動画以外にも「勉強の仕方」や「夢のかなえ方」など、長期的に子どもたちの成長をサポートするいろいろな動画をアップしていきたいと思っています。
お子さんの家庭学習でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ活用してみてください。
子どもたちのために、目指せ、YouTuber!(笑)

では、今日はこの辺で。



posted by 塾長パパ at 02:40| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

できる、できる、できる!

みなさん、こんばんは。

今回も子育て日記です。

最近の子育てを一気に。

今回は、幼稚園年長の長女編。


4月からいよいよ小学生になる娘は、ここ数ヵ月、たくさんのことに夢中に
なり、どんなことでもやり続けることでうまくなっていくということを学び
続けてきました。

勉強、お絵かき、工作、こま回し、野球、けん玉、いろいろなことに楽しみ
ながらチャレンジするなかで、「できなかったことが、できるようになる」
という体験を積み重ね、その達成感の素晴らしさを実感できるようになって
いるようでした。

先日、娘と息子と公園に遊びに行った時のことです。

いつもは、真っ先にブランコやすべり台に走っていく娘が、「鉄棒やるー!」
と言って鉄棒に向かったんです。

そして、「さかあがり練習する!」と言いました。

それまで、前回りなどは幼稚園で練習してできるようになっていたのですが、
さかあがりのハードルはなかなか越えられないでいるようでした。

一緒に公園に行った時などにもちょっと練習してみたりはしていたのですが、
すぐに違う遊具に移ったりしてそこまで本気で取り組んではいませんでした。

でも、その時の真っ先に鉄棒に向かった娘の様子を見た私は、
「お、もしかして本気モードに入ったかな。」
と直感的に感じたのです。

「よし!絶対にできるからやってみよう!」

と声をかけて、アドバイスをしながら見守ることにしました。

はじめは、鉄棒と体が離れてしまっていたのですが、娘はアドバイスをしっか
り聞き、自分の動きを修正しながら、少しずつ鉄棒に体を近づけられるように
なっていきました。

そして、あと一歩のところまできていました。

そこで私は、

「そこまでいけば、もうできているようなものだよ。あと3回でできるよ。」

と声をかけました。

それから2回目で、娘はさかあがりに成功しました。

練習開始から、15分くらいです。

私は娘とハイタッチして一緒に喜びました。

みなさんも子育ての中で、子どもたちが短時間で何かをマスターしてしまって
驚いたという経験があるのではないでしょうか。

なぜこういうことが起こるのか。

私は、ある2つの要素がそろった時にそれが起こると考えています。

それは、「本気モードに入っている」「できることを確信している」の2つです。


ここは断言しますが、子どもの能力に限界はありません。


だから、本気になり、できると確信してチャレンジすれば、できないことなんて
ほとんどないんです。

そして、この姿勢は、子育ての中で身につけさせることができます。

私は、息子にも娘にも、子育ての中で小さな時からずっと言い続けてきたことが
あります。

「○○にできないことなんて何もないんだよ。どんなことでもやると決めてやり
 続ければ必ずできるようになるんだ。だから、どんなことにもチャレンジして
 いいんだよ。それから、チャレンジをすると最初はいっぱい失敗すると思うん
 だけど、その失敗はうまくいかない方法を発見しているってことなんだ。だか
 ら、失敗をくり返す中でうまくいく方法がみつかるんだよ。つまり、失敗をす
 ればするほど成功に近づくってことだね。世の中に失敗しない人なんていない。
 もしいるとしたら、それはチャレンジをしない人ってこと。失敗することは、
 いいことだと思って、どんどんいろいろなことにチャレンジしてね。」

こんなことをずっと言い続けてきました。

息子も娘も、そのことが脳にすり込まれているので、自分たちは何だってできる、
失敗のくり返しが成功につながる、という考え方がある程度身についています。

そして、その考え方で、「できないことが、できるようになる」という成功体験
を積み重ねてきたので、どんなことにも自信をもってチャレンジすることができ
るようになっています。

娘は、さかあがりを練習している時、


「できる、できる、できる、絶対にできる・・・」


とつぶやきながら練習していました。

この状態になってしまえば、途中であきらめることはありません。

できるまでやり続けます。

そして、必ずできるようになります。

実は、娘が練習しているとなりで、息子もさかあがりを練習していました(笑)
(実は、息子がさかあがりができないことを私は知りませんでした。)

息子が、「むずかしいな・・・」とつぶやいた時、娘が、

「お兄ちゃん、絶対にできるって思ってやれば、絶対にできるんだよ。」

と言い聞かせていました。お兄ちゃんも、

「そうだね。」

と応じて、練習を続けていました。

娘が先にさかあがりを成功させると、息子にもさらに火がつき、その10分後には、
さかあがりを成功させました。

私は、私が伝えたいことを、子どもたちはしっかりと理解し、実践し、体験し、
身につけてくれていることにうれしくなりました。

人間は、苦手なことは嫌いになり、得意なことは好きになります。

逆に、嫌いなことは苦手になり、好きなことは得意にもなります。

だから、チャレンジによってできることを増やしていけば、好きなこと、やりた
いことが増え、その中に人生をかけて成し遂げたいミッションが見つかる可能性
が大きくなります。

これからも、できないことにどんどんチャレンジし、好きや得意を増やしていって
ほしいと思います。



親が子育ての中で、最もやってしまいがちで、最もやってはいけないことがあり
ます。

それは、

「あなたには無理だよ。」
「難しいからやめといたら。」
「そんな夢みたいなこと言ってないで。」

などの声がけで、子どもたちの無限の可能性に、限界というふたをしてしまうこ
とです。

そして、失敗に対して怒ってしまうことです。

この2つをすることで、子どもたちは、

「どうせ自分にはできないし、失敗したら怒られるし」
「夢って叶えられないことを言うんだ・・・」

という考え方が根づいてしまい、チャレンジをしなくなってしまいます。

できないことはやらない、という癖がついてしまい、成長をストップさせ、夢を
叶えることもできなくなってしまうのです。

もし、今それをやってしまっているという方は、今日から声がけを変えてみてく
ださい。

「あなたにできないことなんて何もないよ。」

「何回失敗してもいいからチャレンジしてごらん。」

「夢は必ず叶えられるんだよ。」

そんな声がけをしていけば、子どもたちは自分の無限の能力に確信を持ち、失敗
を恐れずにどんどんチャレンジするようになります。

一番大切な事は、親が子どもの可能性を確信し、我が子なら何だってできる、と
思い込んでいるということです。

「究極の親バカ」になるということです。

子どもに変わってほしいと思ったら、親自身の考え方や生き方も変えなければな
りません。

子どもは、良くも悪くも親のマネをしながら成長しているからです。

まさに、「子は親の鏡」ですね。

私自身、子どもたちの様子を見ていて、自分の良くない状態に気づき、ハッとす
るということがたくさんあります。

つくづく、親は子育ての中でせいちょうさせられているんだなぁ、と感じる今日
この頃です。

これからも、親として成長し続けながら、子どもたちに良い生き方の手本を見せ
られるように頑張っていきたいと思います。



それでは、また長くなってしまいましたので、今日はこのへんで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

みなさん、よい休日をお過ごしください。




最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
よろしければ、ランキングの応援もよろしくお願いいたします。

子育てパパランキング
posted by 塾長パパ at 15:58| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

妻と息子の武者修行!

みなさん、こんばんは。

今回は久しぶりの子育て日記です。

最近の子育てを一気に。

まず今回は、小学4年生の長男編。


今年に入ってからの我が家では、妻と息子が小学生向けの模擬試験を受けるという
武者修行に出ておりました(笑)

というのも、最近の息子はあらゆる面においてやるべきことはやっていたのですが、
やや現状維持に甘んじている感じがありました。

簡単に言えば、成長が鈍化してしまっていたんですね。

妻はそんな息子に、まずは勉強面において自分の意識の低さを認識させたいと考えて
いたようです。

学力がどうこうではなく、あくまでも「チャレンジによって自分を成長させる姿勢」
という、私が前回のブログで人格の2本柱のひとつに挙げていた部分に、再度火をつ
けたいということでした。

妻の意見には私も賛成だったので、模試を受けさせてみることにしたんです。

1月と2月に計2回受験しました。

ひとつは、中学受験を考えている小学生向けのもので、もうひとつは県内の難関高校
の受験を考えている小学生向けのものでした。

息子はまだ小学4年生なので、受験した子どもたちは、すでに中学受験や難関高校の
受験を見据えたかなり意識の高い小学生だったのだろうと思います。

あ、息子は中学受験をする気は今のところまったくありません(笑)

もちろん、今後も、親としていろいろな情報を与えた上で、息子がやっぱり中学受験
はしないという選択をするのなら、その選択を100%尊重するつもりです。

この2回の模擬試験で、息子にうれしい大きな変化がありました。

2回の模擬試験とも、息子は良い意味で私と妻の想定外の結果を出しました。

でも、私がうれしかったのはその結果ではなく、その結果につながったプロセスの
部分でした。

模擬試験を受験する前の段階で、私は息子にいくつかのアドバイスをしていました。

それは、息子がこれまでなかなか改善できないできたものであり、そこを改善できれ
ば大きく成長できるというものでした。

しかし、最近の息子は親のアドバイスを素直に聞くということができずにいました。

それが成長にブレーキをかけ、私の塾内のテストでも、同級生の子に抜かれるなど
悔しい思いをすることが多くなっていました。

今回は、アドバイスを素直に聞き入れるだろうか・・・

私は、期待と不安が入り混じった状態でした。

私が息子に伝えたアドバイスは、

「お前の実力はまったく問題ない。あとはいつもみたいにせっかちにならず、丁寧に
 問題を読んで解くこと、そして見直しをしっかり行うこと。時間がそこまで余らな
 いかもしれないけど、一度解き終わったら、もう一度最初から解きなおすつもりで
 見直ししてごらん。そうすれば、必ず良い結果が出るはずだよ。」

ということでした。

また、1回目の模擬試験には作文のテストもあったため、

「お前は野球も含めていろいろな体験をしてきているからどんな作文のテーマにも
 対応できるはずだよ。作文のポイントは、3段落の構成で設計図を作ってから書き
 始めること。@テーマに対する自分の意見、A体験とそこからの学び、Bその学び
 を今後にどう生かすか、この3つをうまく組み立てれば必ず書けるからね。」

というアドバイスもしていました。

模擬試験を終えた後、問題用紙を見せてもらったところ、国語と算数の問題は、
すべて2回解いていました。

作文の問題用紙にも、しっかり3段落構成で設計図を書いていました。

アドバイスを忠実に実行していたのです。

完全な親バカですが、私は息子が限界突破したのを感じ鳥肌が立ちました。

そして、

「結果はまだ分からないけど、アドバイスを素直に聞き入れて実行したことが本当に
 素晴らしいよ。これができれば、もっともっと成長できるよ。」

と息子をほめました。

結果が届いた時も、

「素晴らしい結果だね。前にも言ったけど、この結果が出たのは、お前がアドバイス
 を素直に受け止めて実行するっていう素晴らしい原因を作ったからなんだ。原因と
 結果の法則といって、良い原因を作れば必ず良い結果が出るんだよ。お父さんは、
 その原因をしっかり作ったことが本当にすごいと思う。」

と、改めて結果にいたるプロセスをほめました。

自信がついた息子は、2回目の模擬試験でも同じことをしっかり実行しました。

今日、結果が届きましたが、良い原因づくりをしたので良い結果が出ていました。

ただ、試験が終わった日に見直しをしてみると、算数で2回目に解いた時、1回目に
問題を写し間違えてやった筆算の式を見て2回目も解いてしまい、間違った答えに
確信を持つというミスをしてしまいました(笑)

息子は、

「やってしまったぁぁぁ〜!」

と言っていましたが、私と妻は、

「2回目も自分が書いた式ではなく、問題を見て解きなおさないといけないってこと
 が分かってよかったね。何事も経験、何事も勉強!」

と笑ってアドバイスしました。

この2回の模擬試験で成長を見せてくれた息子ですが、おそらく、模擬試験の前に、
塾の同級生の成長に比べて自分の成長が鈍化していることに相当な危機感をつのら
せていたのだと思います。

そんな、追い込まれた中で、「アドバイスを素直に聞き入れて実行してみよう」と
いう選択にいたったのだと思います。

やはり、「ピンチは成長のチャンス!」ですね。

そして、成功に最も必要なものは「素直さ」であるということが再確認できました。

どんなことでも、チャレンジすれば必ず何か得るものがある。

今回、この武者修行を企画、決行してくれた妻に感謝です。


さて、私も息子に負けずにチャレンジしないと!


最後に、今回の記事の中で私が意識している子育ての重要ポイントがいくつかある
ので、参考までにそれだけまとめておきたいと思います。

@アドバイスは、まずは相手の良いところを肯定してから、さらに良くなるために
 という視点で伝える。

A結果だけでほめずに、そのプロセスで良かった点を強調してほめる。逆に結果が
 良くなかった時でも、良かったところを必ず見つけ、ほめてから改善点を考えさ
 せたり、アドバイスしたりする。

B失敗やミスがあっても、そこから学べたことは何なのか、ポジティブにとらえて
 次につなげられるように導く。「失敗は、成功に必要不可欠な発見である。」


では、長くなってしまいましたので今日はこのへんで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

みなさん、よい週末を。




最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
よろしければ、ランキングの応援もよろしくお願いいたします。

子育てパパランキング
posted by 塾長パパ at 23:14| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思えた方はぜひ クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ